横浜で古紙の買取はおまかせください
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

回収(買取)可能な古紙はどのような種類がありますか?
  • 買取可能な古紙では、雑誌・新聞紙・カタログ・ダンボール・コピー用紙・牛乳パック…です。
  • 古紙とひと言でいいましても、沢山の種類があります。
  • ※ 回収(買取)不可の品目としては、汚れた紙や臭いのついた紙、アルミ箔付きの紙パック、大量のカーボン紙等です。
    またファイル入りやバインダー付きのものは買取できませんのでご了承下さい。
仕分けの方法は?
  • 紙の種類ごとに分けて紐等で縛ってください。(新聞とチラシは一緒でOK)
    御持込みの場合は縛らなくても結構です。ファイルの金具等は取り除いて下さい。
  • 仕分けをしない状態での回収も可能ですが、処理料金が必要になる事もあります。
  • ホッチキス程度であれば、付いたままでも大丈夫です。
持ち込みの場合どれくらいの量から受入れ可能ですか?
  • 少量(自家用車)での持ち込みも大歓迎です!
  • ※ 計量機(車ごと乗る計量機)の単位は、10㎏単位となっております。
回収してもらえますか?(回収可能か・可能エリア・費用はかかるか)
  • 回収は、組合員の回収車両で横浜市内であれば、どこへでもお伺い致します。
  • ※ 回収の量と、場所により料金が発生することもございます。お気軽にご相談下さい。
教育の一環として、工場内の見学はできますか?
  • 事前にお申し込み頂ければ、工場の見学も可能です。
  • 搬入された古紙は紙の種類ごとに分けられ、大型の圧縮梱包機にて加工され原材料として、各製紙工場に出荷されて行きます。ぜひ一度ご覧ください。
集められた古紙は何にリサイクルされるのですか?
  • 古紙の種類により様々な紙製品にリサイクルされます。新聞紙・チラシは新聞用紙や週刊誌等の原料に。
  • 段ボールは再び段ボールとして、コピー用紙や牛乳パックは、主に、トイレットペーパーや、ティッシュペーパー等の家庭紙製品にリサイクルされます。
  • ※ 再生品のトイレットペーパー等の販売も行っておりますので、ぜひご利用ください。
古布のリサイクルはできますか?
  • 受入れは行っていません。

ページ上へ

神奈川県廃棄物再生事業者
許可番号:第G00124号
処理施設
許可番号:第2010号(圧縮施設・可燃ごみ)